中国語

日本語

 
企業概況
企業概況
製品展示
人材募集
 
トップページ->新聞公告
新しいエネルギーの自動車はもっと大きいことを獲得して力度を助けるべきです

共有します 2336 人の読者     期日を発表します:2009-9-17     
 

人物の丸テーブル

  賈慶林

  加速して新しいエネルギーの自動車の技術と産業上のが張の小さい虞をまたがり越えて電動の車の政策の傾く力度の李勝茂

を増大することを実現します  加速して新しいエネルギーの自動車の技術と産業上のが

をまたがり越えることを実現します  中国共産党中央の政治局常務委員、全国政治協商会議の主席の賈慶林は、深く突っ込んで科学的な発展観を徹底的に実行して、強力に新しいエネルギーの自動車の戦略を実施して、増大して支持の力度に入ってと、適切に自主的にする創造能力を高めて、加速して新しいエネルギーの自動車の技術上のが産業の上のまたがり越えることを越えることをと実現しますと22日に北京の新しいエネルギーの自動車の発展が特別テーマの調査研究を行う時強調しています。


  工業化、都市化の高速の発展に従って、エネルギーと環境の問題は日に日に際立って、新しいエネルギーの産業を発展してすでに全世界の共通認識になりました。当面の情勢の下で、新しいエネルギーの自動車を発展して世界の自動車の産業の発展の方向を代表して、我が国の国情に合って、エネルギーの環境の問題を解決して国際金融危機に受け答えすること、と経済の穏やかにわりに速い発展の重要な連結点を維持するのなだけではなくて、出産を促す新技術革命は、産業を動かして進級してと新型の戦略的の産業の重要な突破口を創立するのです。中央はたいへん新しいエネルギーの自動車の発展を重視して、国務院の公布する《自動車の産業が計画を調整して振興します》は明確に新しいエネルギーの自動車の戦略を実施することを出して、国家の関連部門も登場して新しいエネルギーの自動車の研究と開発、普及の具体的な政策と措置を推進することを支持します。私達は中央の方策の配置を徹底的に実行して、奪い取ってチャンスの意識をつかむことを強めて、新しいエネルギーの自動車を発展することを加速して、未来の自動車の産業の戦略の調整の要害の高地を強行占領して、努力して未来の自動車の産業の発展の方向に首を長くして、我が国の自動車の産業ができるだけ早く国際レベルに追いつき追いこすことを推進します。

  

  張の小さい虞

  電動の車の政策の傾く力度

を増大します  中国の自動車の工事は理事長の張の小さい虞をマスターして、ニッケルの水素とリチウムの電池の競争をこのように判断します:“今ニッケル水素電池の安全性がリチウムの電池より良いことを見にきて、しかし長くリチウムの電池のエネルギーは、を蓄えて時間がニッケル水素電池より高いことを見にきます”。

  現在の産業の存在の電動の車は熱くて、実際には電池が熱いです。全体は言って、国家は科学技術省の手配する電動の車プロジェクトを通じて(通って)重点があったので、全面的に開放することはでき(ありえ)ません。市場の案内のもとで、多い企業は参加して競争の中で来て、全体の産業の技術の進歩的な自身にとっても間違いとと言うことができなくて、肝心な点はどのように導くのです。

  いかなる1種の新しいエネルギーの自動車は商業化の普及に入って、必ず製造のコスト、ユーザーを満たしてコスト、社会のコストの3の低い前提を使わなければならなくて、車の安全性、コントロール性、外形のファッション的な要求について消費者を満たします。現在見にきて、純粋で電動の車は短期内はまたこれらの条件を満たしにくくて、商業化の段階に入るのは1つのかなり長い過程です。

  李勝茂

  警戒心、日本の新しいエネルギーの自動車の研究と開発の方向はすでにひっそりと

を転換しました  中は、国際原油価格に従って70ドルまで上昇した後に、新しいエネルギーの自動車の優位ははっきりと現れることを始めますと顧問の新しいエネルギーの自動車の業界の研究員の李勝茂を投げて指摘しています。

  全世界の自動車のリチウムの電池の生産企業は主に20数軒あって、日本は全世界の前列を歩きます。米国にA123、江森の自動制御(Johnson Controls)があります;中国のビヤが導いて、韓国にLG化学があって、日本だけが松下電器産業の合併する会社Panasonic EV Energyなどの10が家に来ることと関係があります東芝、日立制作所、日本電気(NEC)、GS Yuasa、豊田の自動車企業があります。

  日本の自動車の研究所によって予想して、今動力の車の普及の程度の推測を混合しますによって、2020年まで日本の国内の混合の動力の車は約360万台まで達します。もし高性能のリチウムの電池はもっと多い普及を得るならば、使用量はいっそう720万台のレベルを達成するかもしれません。当地のメディアは、日本は新世代の自動車のリチウムの電池の国際標準化が認証する方面にもし主導的な権力を掌握することができるならば、関連している企業はきっと巨大な利益を獲得しますと評論しています。

  科学技術の進歩は日進月歩で新しくなって、我が国の車の企及して関連している電池の企業はニッケル水素電池の産業化を進める以外、更に眼光が放すことを少し長くなるべきで、人力、物資に入って動力のリチウムの電池の研究と開発を行って、そして燃料電池の技術に対してついて寄ることを維持して、更に広大な新しいエネルギーの自動車の市場を占領するために準備しておきます。中国の伝統の自動車の立ち後れる西方の先進国少なくとも10数年、しかし、新しいエネルギーの自動車は1つの新興の領域として、中国の自動車工業になって世界の自動車工業の一回の貴重な技術の“カエルが跳びます”の好機を追いかけて、国内企業が好機を捉えることができることを望んで、私の1ラウンドの自動車工業の中で頭角をあらわします。(官吏の美しい玉)

  

(編集責任者:馮博)


 
   | 会社紹介 | 連絡先 | 管理者 |
八千代工業(中山)有限公司 2009-2010 版権所有   ■ 広東ICPは17114282号   TEL:0760-8829 0131  FAX:0760--8533 5639