中国語

日本語

 
企業概況
企業概況
製品展示
人材募集
 
トップページ->新聞公告
中国の工事の機械工業協会の科学技術の成果は暫定的方法を鑑定します

共有します 2142 人の読者     期日を発表します:2009-9-17     
 

第1章 総括的です

第一条 社会の経済発展の必要とすることに適応するため、建設機械の科学技術の成果(以下が科学技術の成果と略称します)の応用と普及を促進して、正しく科学技術の成果のレベルを評価して、《中華人民共和国国家の科学技術委員会の科学技術の成果の鑑定の方法》と《中華人民共和国国家の科学技術委員会の科学技術の成果が規程を鑑定します》によって、建設機械の業界の実際の情況を結び付けて、当方法を制定します。

第二条 中国の工事の機械工業協会(以下の略称協会)は政府の関連部門あるいは企業・国家機関の委託を受けて、建設機械の業界の科学技術の成果の鑑定の仕事を組織します。協会が科学技術の成果の鑑定を設立するのは専門家の倉庫を審議して、中から同行する専門家を招聘して、規定に基づく形式とプログラム、科学技術の成果に対して審査と評価を行って、そして相応する結論をして、技術の鑑定する証明書を授与します。

第三条 科学技術の成果の鑑定の仕事が事実に基づいて真実を求めることを堅持するべきです、科学的な民主、客観が公正です、品質を重視します、実際の効き目を求める原則、科学技術の成果の鑑定の仕事の厳粛さ性と科学性を保証します。

第四条 科学技術の成果の鑑定の範囲は実用的な価値の応用技術の成果があるので、新製品、新技術、新しい技術を含んでと新しく設計します。

第5条 国家の法律、法規、条例に背くのは規定の、社会の公共の利益あるいは環境と資源が危害のプロジェクトをもたらすことに対して、却下して申請を鑑定します。鑑定のを行って、鑑定を停止するべきです:すでに鑑定のを通して、取り消すべきです。

第2章 組織

第六条を鑑定します 協会は鑑定を組織して専門の支店機構を科学技術の成果の管理活動(すぐ鑑定部門を組織します)科学技術の成果の鑑定の内容と特徴を申請されますによって直接ですあるいは委托と関係があります(すぐ鑑定部門を主宰します)を鑑定することを主宰することに責任を負って、科学技術の成果の特徴によって採用の会議を選んで鑑定の方式を鑑定しますかます検査・測定します。

1、会議の鑑定:について同行する専門家を組織して現場の考察あるいはデモンストレーション、テストして答弁する科学技術の成果を行って、協会はあるいは鑑定部門を主宰して鑑定の内容にによって7〜11人の同行する専門家に鑑定委員会を構成するように招聘することができます。鑑定委員会の会に出席する専門家は招聘に応じる専門家の5分の4より少なくなってはならなくて、専門家の書面でない意見にあるいは代表に会議に出席するように任命するように招聘されて、協会はあるいは専門家が会に出席しないでその時になって鑑定委員を替えますため鑑定部門を主宰してはなりません。鑑定の結論が会に出席する専門家の4分の3以上を通じて(通って)必ず通らなければならないのはやっと有効です。不一致な意見は鑑定の結論の中で記録を明確にするべきです。

2、鑑定を検査・測定します:協会が国家、省、自治区、直轄市と国務院の関連部門の認定する専門技術の検査・測定する機関を持つことを頼むことができて鑑定を検査・測定することを行って、専門技術の検査・測定する機関の発行する検査・測定する報告は鑑定の主要な根拠を検査・測定するのです。専門技術の検査・測定する機関は検査・測定する報告によって検査・測定するプロジェクトが品質とレベルの評価をすることべきですに対して、検査・測定する報告に任せて鑑定された科学技術の成果に対して品質とレベルを作り出して評価しますにくいです時、協会はあるいは鑑定部門を主宰して専門技術の検査・測定する機関に立ち合って3〜5人の同行する専門家を招聘することができて、創立して鑑定専門家のグループを検査・測定して、検査・測定する報告によって、総合評価意見を出しています。

第七条 鑑定の仕事に参加する専門家、協会のから科学技術の成果の鑑定が専門家の倉庫を審議する中から選抜して、鑑定部門が自分で推薦して招聘してはならないことを申請します。

第八条 協会はあるいは鑑定部門の招聘する同行する専門家を主宰して下記の条件を備えるべきです:

(1)は高級な専門職(特殊な情況の下で招聘することができて1つのより多くありませんて4分中級の専門職の中年と青年の科学技術の骨幹を持ちます)を持ちます;

(2)は科学技術の成果の所属の専門を鑑定されることに対して比較的に豊かにする理論の知識と実践経験があって、国内外のこの領域の技術の発展の状況を熟知します;

(3)は良好な科学的な道徳と職業の道徳を持ちます。

科学技術の成果の完成の部門、任務を鑑定しますに部門あるいは委託の部門の人員を下達されて同行する専門家としてこの成果に対する鑑定に参加してはなりません。

特殊ではありません情況、協会はと鑑定部門を主宰して普通は専門人員に非鑑定委員会の成員を担当するように招聘しません。

第九条 鑑定の仕事に参加する専門家は鑑定の仕事の中で鑑定された科学技術の成果に対して全面的にまじめな技術の評価を行うべきで、そして出した評価意見に対して責任を負います。

鑑定の仕事に参加する専門家は守って科学技術の成果の技術の秘密を鑑定するべきです。

第十条 鑑定の仕事に参加する専門家は鑑定の仕事の中で下記の権利を有します:

(1)は単独で鑑定された科学技術の成果に対して評価を行って、いかなる部門と個人の干渉を受けません;

(2)は科学技術の成果の完成の部門あるいは個人に十分で、精確な技術の資料(必要な原始の資料を含みます)を提供するように求めて、科学技術の成果の完成の部門あるいは個人に質疑がそして説明をすることを求めることを出して、試験を再審してあるいは結果をテストすることを求めます;

(3)は十分に個人の意見を発表して、鑑定の結論の中で不一致な意見を記載することを求めて、鑑定の結論の上で署名することを拒絶することができます;

(4)は排除して仕事の正常に行う妨害を鑑定することに影響します求めて、必要の時協会とに鑑定部門を主宰することができて鑑定の願いを中止することを出しています。


 
   | 会社紹介 | 連絡先 | 管理者 |
八千代工業(中山)有限公司 2009-2010 版権所有   ■ 広東ICPは17114282号   TEL:0760-8829 0131  FAX:0760--8533 5639